Blog

Blog

2021.12.07

「二」と「ニ」

 

こんにちは。名古屋事務所の神谷です。

 

少し前の話ですが、カネボウ化粧品のコフレドールが公式ツイッターで

「誤植のお詫びと訂正」をしたことが話題になってましたね。

 

→ “ 藤田ニコルさんのお名前表記に誤りがございました。誠に申し訳ございません。

深くお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます。

「誤:二、正:ニ 」

 

このニュースを見て、なんだか懐かしい気持ちになりました。
昔、ベトナムのハノイでDTPを教えていた時、こんな誤植を見つけるのが仕事みたいになってました。

 

日本語があまりできないベトナム人スタッフは、

見た目の形から判断して、漢字なりカタカナなりを一文字一文字入力します。

 

単語として変換しないので、こういうことがよく起こります。

問題は、フォントによってはかなり見つけにくいこと。

一度クレームになったことがあり、当時はかなり神経質に校正していました。

 

制作の人件費を抑えるためにベトナム人に作ってもらうのに、

校正に3倍の時間が掛かっていては…、と疑問に思ったりもしました。

 

しかし、そのおかげで、今ではわずかな違和感にも反応できるようになりました。
外国人が制作した印刷物の校正は、ぜひニックにおまかせください。


戻る