Blog

つぶやき

2020.06.18

とある休日

先日、2泊3日で奈良・三重・和歌山の県境まで釣りに行ってきました。真野です。
その時のことを報告したいと思います。
初日は10時頃に藤が丘を出発。敢えて高速は使わず、国道23号線を西南南へと下っていきます。熊野のあたりまで来たのは15時頃でした。
ナビが誘導するまま、最近できた無料高速を使い、山の中を走ること17時頃に七色ダムのダムサイトに到着。翌日池原ダムで釣りをして次の日は七色ダムで釣りをするように船を予約してあります。ダムサイトに立ち寄ったのは魚の状況を確認するためでした。人っ子ひとりいないダムサイト、魚も全く見えません。1時間弱くらい移動しながら探しましたが、全く見えません。この時期の僕のターゲット「ブラックバス」は産卵を意識して浅いところをうろつくのが毎年のパターンです。全ての個体が同じタイミングで産卵するわけでは無く2ヶ月位かけてその行動を行います。何かおかしい。魚の姿を見るだけで明日への期待を膨らますことができる。そんな釣り師は一夜をすごすために池原ダムで釣りをするために予約したボート屋へ向かうことにしました。
予定では、19時頃に到着するはずでしたが、そこへ向かういつもの道がなんと通行止め。雨災害の影響らしい。ナビで迂回路を探しそれを信じて走ったのが大間違い。ナビの到着予定時間はなんと8時間後。えっ・えっ・えってことになり、どんどん登っていく山道にUターンできる場所を探してUターン。うす暗くなってきたこともあり、もはや方向感覚さえ失ってしまう。ナビに頼り切っている運転は、ナビの指す道しか行くことができず、全く方向感覚を失った自分はただわけも分からず走るだけ。知らない集落を2つほど通過して、池原ダムのダムサイトを通っていくルートをようやく発見して20時頃に到着。疲れ果てました。
この続きはまたの機会に報告します。


戻る