Blog

つぶやき

2020.03.23

まだ続く!

本当に久し振りの更新になりました、名古屋の中村です。

で、今回も舞台の報告を(笑)。作品は『カリギュラ』です。

●作/アルベール・カミュ

●演出/栗山民也

●出演/菅田将暉、高杉真宙、谷田 歩、橋本 淳、秋山菜津子 他

今回は兎に角、生の菅田将暉の演技を観てみたかったので、神戸まで行ってまいりましたよ(笑)。

いや〜、舞台上の菅田将暉は『凄い』の一言でした。

第1幕で初めて彼が舞台に登場した時の、出て来ただけであんなに会場を静寂と、恐ろしいほど張り詰めた緊張感で、包み込んでしまう。あんな幕開けは初めての経験でした。

最近、演技派の俳優を評して「憑依型」とよくいわれ、その代表格に菅田将暉はよく名前が出ますが、ラストの膨大な量のモノローグは俳優が台詞を発するのではなく、まさに彼に憑依したローマ皇帝カリギュラがしゃべっている感覚、それぐらい圧巻でした。

絶対次の舞台も必死でチケットを手に入れて、観たいと思う俳優の1人です。

あっ、この舞台で共演していた高杉真宙の、先週最終回を迎えたフジ月9「絶対零度」の犯人役の涙の演技も良かったですね。

次は、残念ながらコロナの影響でチケットをとっていた公演が中止となってしまいましたので、いよいよ私の舞台報告は一旦中断しそうです(笑)。中村でした。


戻る