Blog

つぶやき

2020.08.18

名古屋の老舗映画館

更新が遅くなって申し訳ありません。名古屋事務所の中村です。

演劇もまだまだ再開が難しい状況ですので、今回は映画について(笑)。

 

先日、名古屋では老舗の単館上映館「名古屋シネマスコーレ」を初体験してきました。

 

このご時世に、スクリーンが1つ、5・6作品を毎日各作品1回ずつの上映で、座席数は60席ぐらいで全席自由席。チケット代を支払うと整理券を渡されて、整理券番号順に中に入るシステム。入場まではロビーとかがあるわけではないので、外で待つという、観客にとっては、なんとも不便な映画館なのです。ちなみに、私は雨の中、外で待っていました(笑)。

 

しかし、この不便さと、懐かしい昭和感とボロさ感、こじんまりとした試写室のような雰囲気が結構クセになります。私の観た映画もここで上映されなければ、テレビ放映もネット配信も、DVDやBlue-Ray化もないだろう作品なので、多分一生観ることが出来なかったと思います。そう考えれば、こういう映画館の存在は、非常にありがたいんです。

 

でも、本当にそんな商業ベースにのらない作品ばかり上映している訳ですから、経営状態も厳しいと思います。

映画好きな人達の情熱だけで支えられている映画館だと、ひしひしと感じます。

どうか、皆さんも大きなシネコンばかりではなく、たまにはこんな映画館にも足を運んで、小さな作品にも触れてみてください。

 

↓ その時に貰ってきた映画のチラシです。

 


戻る